タグ:クロモス ( 3 ) タグの人気記事

 

猫のクロモス

少し前から、スクラップブッキングが、日本でも流行っていますよね?

フランスでも、好きな人方が多くて、みなさんビーズやアンティークレース、貝殻、ボタンなど細かく仕切って、集めてらっしゃるようです。
フランスに来てから知り合った女性の方で、趣味の部屋として、一面材料で埋まっているスクラップブッキング専用部屋を持ってらっしゃる方がいます。

これが、スクラップブッキング用のクロモス。
ドイツのものです。
a0171536_6563234.jpg


日本は、猫好きな方がたくさんいらっしゃるので、猫のもののリクエストが多いのですが、
いつも可愛い猫のクロモスやアンティークカードを探しています。

ネットショップのほうで、6月14日から16日ショップをクローズして、商品を入替、17日からクロモスなど販売して行く予定ですので、楽しみにお待ちくださいね!
[PR]

by chromos | 2010-12-13 06:58 | クロモス*クロモスカード  

アンティークカード* 愛のお届け

なぜか、このアンティークカードを見ると、春が来たような気分になるので、不思議です。

つばめの郵便屋さんによる愛のお届け。一応、日本で言うところの年賀状になります。
a0171536_7412324.jpg


裏を見る限り、立体的になっているので、クロモカードと言ってもいいような気がしますが、
一応ポストカードの括りになっていたので、アンティークカードと呼んでおきます。
a0171536_7424341.jpg


宛名は美しい文字で書かれていますが、最近のフランス人は、PCの普及によって、
あまり美しい文字を書くことに重点をおいてないそう。
昔は、とても大切なことで、みんな美しい文字を書けるように練習していたようですが、
時代の移り変わりというのは、時として寂しいものですね。

日本では、一時、カリグラフィーが流行っていた気がしますが、
フランス人は、ほぼPCで印刷しているか、みみずのはったような字を書いていて、
どうして、郵便局の人が判別できるのか、最初の頃とても不思議でした。
だからこそ、郵便番号の重要性をとても感じますが、数字も下手をすると判別不能です。
私には、絶対郵便局の仕事はできないなぁ・・・と宛名の字を見るたびに思います。
[PR]

by chromos | 2010-12-12 07:49 | アンティークカード  

このサイトを訪れてくださったみなさまへ

フランスに住んでから、ちょくちょく集めてきた古書とクロモカード。
一人で眺めているだけでなく、少しずつ記録として残していきたいなぁと思うようになりました。

私のところから巣立っていったものもあれば、大切に保管しているものもあります。

クロモカードは、今のように進んだ印刷技術がなかった時代に、版画のシルクスクリーンと同じように、職人さんたちが、何度も印刷機を使い、色を重ね、型押しし、最後にニスを塗って完成させた美しい色彩のカードです。
当時は、カラー印刷があまりなかったので、珍しいことから、みんなスクラップブックやアルバムに貼って集めていた方たちが多かったようで、現存しているものは、アルバムからはがされているものもたくさんあります。

また、花や蝶、鳥、気球、魚などいろんな形に切り抜かれ、立体的になっているものもたくさんあります。(少し写真が切れていますが、下のチューリップが最初に購入したクロモスです)

a0171536_1515991.jpg


また、アンティークポストカードも、様々なものがあり、風景だけでなく、物語の主人公になって、様々なシチエーションを撮影したものもあり、とても興味深いです。

そして、アンティークの古書やジャーナルたち。
歴史の記憶を残しておく楽しみもあり、少しずつ我が家に迎えています。

そんな、かなり趣味の範囲が限られたブログですが、少しずつ綴っていきたいと思います。
[PR]

by chromos | 2010-12-01 01:16 | 初めての方へ